新治(にいはる)市民の森 愛護会

新治市民の森は横浜市緑区にひろがる昔ながらの里山です。「愛護会」は、横浜の原風景である新治の里山を守り育てるため、地権者の皆さんと、市民とがひとつになって里山保全に汗を流している、全国でも例の少ないボランティア団体です。

お知らせ
愛護会からの最新のお知らせを掲載しています。
お使いのブラウザのJavaScriptオンにすると更新情報が表示されます。
新治森づくり憲章
私たちは緑あふれる森をこよなく愛し、その恵みに感謝する市民です。長年にわたり、地域の方々のくらしの中で維持されてきた新治の森は、都市に残された奇跡ともいえる森です。
今、昔ながらの谷戸の景観をそのままに、広く市民が緑を守り育てる場として開かれようとしています。
この森を、人間との新たな共生により、生き生きと蘇らせ、未来のこどもたちに引き継ぐことを私たちの合言葉として、ここに憲章を定めます。
  1. 私たちは、郷土愛により培われてきた新治の風土と、そこに根ざした里山文化を大切に引き継いでいきます。
  2. 私たちは、愛護活動を通して豊かな緑と将来にわたる担い手を育て、魅力ある森づくりを進めます。
  3. 私たちは、森づくりに共感する人々がこころに描く森の姿を共有し、それぞれ協力してみんなの森をつくります。
新治市民の森 開園を記念して
新治の森を愛するもの一同
平成十二年三月