新治(にいはる)市民の森 愛護会

愛護会紹介


活動状況

    2022年6月
     『安全講習 :救命講習会を行いました』

  •  森の活動中に起こりうる緊急事態に対応できるように「救命講習」を緑消防署十日市場出張所のご協力で実施しました。
    例年、6月の最初の活動日は「安全の日」として安全管理に関わる道具の使い方などの講習会を実施しています。今回は活動するメンバーがいざと言う時にどうしたらよいか?何をすべきか?を学ぶ為
     消防署の指導員の指導で人形を使い「胸骨圧迫(心臓マッサージ)」の実体験を行いました。。また、AEDの操作についても学びました。
    今回、特に重点としたのは倒れた人に対する措置(命を救う)ということは生き返らせるということだけではなく、今までと同じように活動ができる為に後遺症などにならないようにする事が重要なのです。
    心臓の動きが悪くなり血液の流れが止まると脳への酸素供給が停止し、たとえ生き返っても半身不随や寝たままの生活になってしまう
    これらを防ぐために「胸骨圧迫(心臓マッサージ)」を行う事が大変重要なのです。

    ポイント
       -「人が倒れた時はAEDが必要でAEDが届くまでは何もできない」のではない事を理解する。
       -とにかく、「胸骨圧迫(心臓マッサージを)」をすぐに始める事が重要である。
       -すぐに119番通報を行う。
       -救急車が到着するまでの7~8分間、「胸骨圧迫(心臓マッサージ)」を絶え間なく続ける
       -「胸骨圧迫」は大変ハードな作業なので多くの人が交代しながら続ける必要がある

    万が一の事は起こらない方がよいのですが何かあったときに慌てずに対処できる心の準備をしておくとよいですね!

※実施状況※